購入費用が気になるならリースを検討しよう!オススメ法人PCリースプラン

意外なリース契約のメリット


業務でPCが必要になった時、PCを手配する必要が出てきます。
PCも新規に購入する、レンタル、リースなど様々な方法で準備することができますが、
今回はリースのメリットについてお話しさせていただきます。

リース契約とは、使用する期間と毎月支払うリース料を決めて、
依頼者側が指定したPCを提供してもらえるサービスです。

初期費用を抑えることができ、決められたPCではなく、依頼者が必要としているPCを使うことができるメリットがあります。

加えて、上記以外のメリットがリース契約にはあります。
それは「オフィスの節電につながる」点になります。

リースでは依頼者側で必要なPCを使うことができるので、節電効果のあるPCを選択することができます。
最新機種で消費電力が少なくなっているデスクトップPCや消費電力の低いノートPCなど
節電効果の高いPCを選択すると電気代を削減につながります。

PCが故障した時は?リース会社の選び方


リース契約では、レンタル契約とは異なるデメリットがあります。 それはPCのメンテナンスは依頼者側で行う必要がある点です。 PCのメンテナンスはレンタル契約であれば、レンタル会社に対応いただけますが、 リース契約では、依頼者側で対応することになります。 PCのような複雑な電子機器が故障した時は専門業者に修理していただかないといけませんが、 修理対応の調整や、修理費用の発生など想定外の作業や費用が発生してしまいます。 しかしリース契約でも、故障時の対応も実施してくれる会社もあります。 別途保守契約を結ぶ必要がありますが、故障などのトラブルが発生しても、 リース会社に連絡するだけで、対応いただけるようになります。 ただ、故障時の対応をしていない会社もあるので、 リース会社を選ぶ際は故障時の対応がどうなっているかという点も確認しておいたほうがいいでしょう。 リース会社を選ぶ際には故障時の対応という点もご考慮ください。